HIBIYA PARK Gardening show2017  

GARDEN DESIGN
光芒 -こうぼう-
草原に佇む無機質な箱。その入口を潜ると一転、深い森の中へ迷い込んだような空間が広がります。
怖ろしくもどこか懐かしい山深さの中、仄暗い樹々を照らす一閃の光の先に、朽ちていく命を継承し萌出る新たな命を表現したいと考えました。
構造物とそれを侵食する植物の圧倒的な生命力。朽ちる闇と萌ゆる光。これらの対比を顕現することで、消滅と誕生を繰り返しながら紡がれる原風景の片鱗を表現できれば、との思いを込めました。
  • HIBIYA PARK Gardening show2017  
  • HIBIYA PARK Gardening show2017  
  • 生命力溢れる樹形をした切り株は、永い樹齢を重ねたクスノキ。

    蘖(ひこばえ)を彷彿とさせる山野草の寄せ植えには、富士の麓や信州地方で育った物を選び、繊細ながらも力強いアレンジを色鮮やかに表現しました。

  • HIBIYA PARK Gardening show2017  
  • HIBIYA PARK Gardening show2017  
  • HIBIYA PARK Gardening show2017  
  • HIBIYA PARK Gardening show2017  
  • 無機質な構造物は経年変化していく素鉄を用い、植物との対比効果を持たせ、それを取り囲むグラス類は秋の草原の様な浮遊感を演出しました。

  • 作品を通して

    日本の情緒溢れる風景、

    繊細な季節の移ろい、

    緑から感じる生命力や潤い、

    改めて日々の生活で感じる自然の大切さを感じる事ができました。

    今後も、人々と緑を繋ぐ提案を続けていきたいと思います。

     

  • HIBIYA PARK Gardening show2017  

NEW WORKS

  • NEW

    E Residence

    GREEN COORDINATE

    E Residence

  • NEW

    K Project

    GARDEN DESIGN

    K Project

  • NEW

    KIDNEY CLINIC SETAGAYA

    GREEN COORDINATE

    KIDNEY CLINIC SETAGAYA

GREEN SPACE株式会社
代表取締役 紅林 豊

〒150‒0046東京都渋谷区松涛2-14-12-108

tel : 03‒5454‒4090fax : 03‒5454‒4091
info@green‒space.co.jp

東京都知事 許可(般‒27)第123819号